J1仙台、山形の第3節の結果

サッカーJ1の第3節が昨日行われました。

ベガルタ仙台はアウェーで湘南と対戦し、0-0の引き分けでした。

前節に続いてアウェーで勝ち点1をしっかり取れたことはいいと思います。

しかし、J2から昇格した湘南に対しあまりにリスペクトしすぎではないかという印象があります。

たしかに湘南はJ2で圧倒的に強かったわけですが、もうちょっとJ1に長くいるチームとしての風格みたいなものを見せてほしかったです。

とはいえ仙台は主力選手が大きく入れ替わってまだ自分たちの実力もわからない部分もあるかと思います。

そういう意味では賢く勝ち点を積み上げていっている現状にはかなり満足しています。

ただし、次にホームで湘南と対戦するときは今回のように守ってばかりではダメです。

次にモンテディオ山形ですが、川崎に1-0で勝利し、J1復帰後のリーグ戦初勝利となりました。

ナビスコ杯での勝利が少なからずチームに自信を与えたのかもしれません。

今回の勝利を石崎監督は「過信しないように」と評していますが、本心では過信するくらいじゃないとJ1でやっていけないと思っているのではないでしょうか。

今シーズンの東北勢は面白いシーズンにしてくれそうです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP