泡のサングリアは売れなかったのかな

売れないものは売らない。

店舗スペースが限られているコンビニなんかだとこれが徹底されていますが、大きなスーパーだってきちんとやっています。

私はほぼ毎日スーパーに行くので、こういう商品の入れ替えは頻繁に目にしています。

さて、ちょっと前にスーパーのお酒コーナーで目に留まったのが、サントリーの「バルで飲んだサングリア」という商品です。

シリーズで何種類か置かれていました。

バルとかサングリアとかこれは一体何だろうと、しばらくその場で商品の隅々を見ていました。

値段は安くはありません。

1本400円くらいだったかな。

で、結局は買ったのです。

買ったのは「バルで飲んだ泡のサングリア」という、炭酸が入ったものです。

そして、飲んでみたら炭酸バージョンの赤ワインでした。

炭酸だからぐいぐい飲んでしまって、でもやはりワインだから一気に酔いが回りました。

妻にこの商品のことを言ったら、サングリアのことは知っていました。

さすが東京で仕事をしていた人間は違います。

それからしばらく経って同じ商品を探したところ、バルで飲んだシリーズは2種類しか置かれていませんでした。

私が飲んだ泡バージョンはありません。

単純にあまり売れなかったのだと思います。

だって、こういうのは基本的に毎日飲むものです。

毎日「自分にご褒美」みたいな感じで本物のビールよりも高いものを飲む人って東京には腐るほどいるのでしょうけど、仙台だとどうなんでしょうね。

こんなことを書いていたら泡のサングリアが飲みたくなってきました。

週末に似たようなものを探しに行くとします。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

迷ったら幸楽苑

Menu

HOME

TOP