そもそも自衛隊が違憲でしょ

集団的自衛権行使を可能とする安保法制について政府はあらためて「合憲」であるとの見解を示しました。

衆院憲法審査会で憲法学者3人すべてが「違憲」と表明したことへの反論というかたちになります。

野党は「説得力がない」と反発しています。

また、北海道大学准教授の中島岳志という人が河北新報で安保法案に対していろいろと難癖を付けています。

「デモクラシーの危機」「後出しジャンケン法案」「国家主権の放棄」など、考え付くキーワードを総動員といった感じです。

私の考えを少しだけ述べるとすると、今回の安保法案は必要だと思っています。

しかし、やはり違憲だと思います。

さかのぼれば、そもそも自衛隊そのものが違憲だと思っています。

「戦力の不保持」とありますが、自衛隊は明らかに戦力です。

憲法9条を盾に安保法案に反対している人たちは、やはり自衛隊の違憲性についても主張すべきです。

ところが自衛隊の違憲性について述べる人は今となっては皆無のように思えます。

やはり必要だからということでしょうか。

最高裁が合憲だと言ったから?

近いうちに集団的自衛権の行使が必要となる場面が起きるかもしれません。

そのときもやはり憲法9条を守り抜くのでしょうか。

それとも必要だからといって「合憲」となってしまうのでしょうか。

憲法9条は癌以外の何ものでもありません。

安易な言い方をすれば、早いところ憲法9条を改正してすっきりさせてほしいです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

韓国・ソウルに行こう

Menu

HOME

TOP